icon_02.png

BLOG

【機械化】エゴマのたねまきに播種機を導入



「たねまき」というとどんな様子を思い浮かべますか?


グランドグリーンの2021年と2022年のたねまきのようすをご覧ください。





種子が一粒ずつ出てくる道具を使った2021年。


セルトレイ一枚あたり3分くらいかかっていました。



今年、2022年には吸引播種機を導入し、なんと


セルトレイ一枚あたり9秒に!?




エゴマの大規模栽培体系の確立には機械化が欠かせませんね。


__ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __


▼前の記事「エゴマ油ご購入の方にタネプレゼント! エゴマを育ててみよう」はこちら

https://www.gragreen.com/post/tanehagu-howto





「タネからはぐくむプロジェクト」公式サイトはこちら▼

https://www.gragreen.com/tanehagu