shutterstock_1804913836-1.png

さあ、未来の子どもたちのために
未来の植物を描こう。

激変する環境に対応する未来の作物を、
スピーディな種苗開発で実現します。

bk_01.png

環境負荷の少ない種苗をつくる

育てるために必要なものを減らす

reef.png

作物を育てるには、肥料や農薬、水を始めとする大量の資源(=インプット)が必要です。
肥料や農薬の多くは化石燃料や鉱物などの限りある資源を使っています。
また、施設栽培における加温や照明などで消費されるエネルギーや、水不足、土壌の劣化などの問題も見過ごせません。

私たちは、作物の肥料利用効率を上げる、病気に強くする、低温や高温、乾燥などの環境ストレスに強くする…といった様々なアプローチで、インプット(農作物を作るために必要なもの)の極小化を目指します。

shutterstock_608576765-1.jpg
reef.png

同じ量から得られるものを増やす

同じ面積の農場、同じ量の資源を使って、より多くの農作物を生産する。流通や食品加工等の過程で生まれる食品ロスを減らすことで、同じ量の農作物から得られる食物(=アウトプット)を増やす。
これらはすべて、持続可能な農業と食の発展につながります。

社会の成熟とともに膨れ上がるニーズに対して、植物を代替タンパク質・代替エネルギーとして活用することも期待されています。

私たちは、作物の収量をより高くする、保存性をよくする、加工に最適化する…といった様々なアプローチで、アウトプットの極大化を目指します。

トマト.png
shutterstock_1892555488-1.jpg

人類はかつてない程のスピードで変化していく環境への対応を求められています。 増え続ける人口は2050年頃に約100億人に到達するとされています。 これだけ多くの人口を、土壌の劣化、気候変動、局地的な乾燥・高温・豪雨のような悪化する環境の中で養っていかなくてはなりません。かつてない環境の変化に適応しながら、持続可能な発展を続けるため、よりスピーディに、より効率の良い種や苗を開発していくことが求められています。

激増する人口と、激変する地球環境

image.png

人類は何千年にもおよぶ農業の営みの中で、自然に起こる遺伝子の変化を利用して新たな種を作り出してきました。近代的な掛け合わせによる品種改良は、この遺伝子を様々に組合せることで、今私たちが育て、収穫し、食べている作物を生み出しています。

ゲノム編集技術は、この自然に起こる遺伝子の変化を狙った場所で模倣することで、品種の改良を最短・最小の変化で達成する技術です。

私たちは、このゲノム編集技術を様々な作物で利用できるよう、標準技術化を進めています。

platform.png

ただし、ゲノム編集技術はより良い作物を作り出すための1つの手段にしか過ぎません。
より大きな価値を持った作物を作り出すため、従来の手法も含め最適な改良方針を策定します。この方針のもと、様々なパートナーとともに、作物が持つ可能性を最大限に引き出し、未来を支えるより良い種苗の開発を行います。

ゲノム編集という選択

​求められる迅速な種苗開発

bk_02.png

TECHNOLOGY

ゲノム編集技術

ゲノム編集は、迅速な品種開発のソリューションの1つです。

栽培されている作物はすべて、自然に発生した遺伝子の変化を利用しています。また、放射線や化学物質を用いて、遺伝子の変化を誘発し、新たな品種が作られてきました。

ゲノム編集は、狙った遺伝子の変化をピンポイントで引き起こすことができるため、従来の偶然と選抜に頼った方法(5〜10年)に対して短期間(1〜3年)で新たな品種を作り出すことができる技術です。

グランドグリーンでは、実用的な作物にゲノム編集技術を活用するべく技術開発を進めています。

lab.png

Read More

yajirushi.png
bk_02.png

SERVICE

ゲノム編集 共同研究開発

農林業、食品加工用の原料など様々なニーズ・用途に応じて、ゲノム編集技術を活用した共同種苗開発を提供しています。
目的となる品種の作出に向けた戦略策定から、ゲノム編集の実施、官庁への届出データ取得まで、専門家チームのサポートと弊社の独自技術を活用し、一気通貫のサービスを提供致します。

geneApp.png
3ge.png

Read More

yajirushi.png

独自の種苗開発

ゲノム編集技術や次世代育種技術を活用し、種苗開発による新たな価値の提案を行っています。
実際に生産現場に入り込み、品種の選抜・育成をすることで、お客様のニーズと既存の品種とのギャップを埋めるための品種改良を実施しています。

エゴマ_8.JPG

接木技術関連サービス

これまで、熟練した技が必要とされてきた接木を、誰でも簡単に行えるよう開発した「接木カセット」や、研究開発で用いられる極めて小さな芽生えの接木(マイクログラフティング)が簡単に行える「接木チップ」の販売を行っています。
また、名古屋大学発のあらゆる植物を接木できる異科接木技術(iPAG)の実用化に向けた研究開発を行なっています。

cassette.jpg

Read More

yajirushi.png

NEWS

2022.06.16

​メディア掲載

ニュースイッチの「ディープテックを追え」に記事が掲載されました。

2022.06.10

​プレスリリース

NEDO「研究開発型スタートアップ支援事業等」に採択されました。

2022.06.08

​メディア掲載

創業手帳に丹羽代表のインタビューが掲載されました。

2022.06.02

​プレスリリース

「やまがたエゴマ協議会」を設立いたしました。

Read More

yajirushi.png
bk_03.png

RECRUIT

200707_インタビュー写真_3.JPG
エゴマ畑2.jpg
研究員技術員_2.jpg
recruit_01.png

私たちに共通するのは、「種苗から新たな価値を生み出し、農業と食を通じて社会へ提供したい」という思いです。この思いのもと、チームと共に成長しながら、大きな価値を生み出す意思のある仲間を募集しています。

Read More

yajirushi.png

COMPANY

reef_green.png

​会社名

グランドグリーン株式会社

reef_green.png

​設立年月日

2017年4月​

reef_green.png

​資本金

329,995千円

reef_green.png

​本社所在地

​愛知県名古屋市千種区不老町1番 名古屋大学インキュベーション施設106号室​

reef_green.png

​豊橋第1研究農場

​愛知県豊橋市

reef_green.png

​代表取締役

​丹羽優喜

植物研究ガラス温室_1.jpg

​本社 植物研究温室

toyohashi.jpg

​豊橋第1研究農場

icon_02.png

MEMBERS

01_niwa.png

代表取締役

丹羽優喜

共同創業者。京都大助教を経て、名古屋大の 野田口プロジェクト参画。専門は植物科学。 京大院卒 博士(生命科学) 

08_susa.png

COO

諏佐啓太

リクルートで新規事業開発経験後、サラダボウル、 ヒューリックアグリでアグリ事業に従事。 京大院卒 修士(農学)

reef_green.png

社外役員(取締役)

金丸将宏

reef_green.png

社外役員(取締役)

古川圭祐

reef_green.png

社外役員(監査役)

林伸彦

reef_green.png

技術顧問

東山哲也

reef_green.png

Adviser

鎌田富久

安川新一郎

渡邊康治

03_notaguchi.png

Science Adviser(取締役)

野田口理孝

共同創業者。名大准教授
接木技術を中心に研究を行い、GGの技術シーズの開発者。京大院卒 博士(理学)

02_takita.png

CFO

瀧田証

あずさ監査法人・監査法人トーマツ勤務後、 独立。大手特許事務所で知財業務にも従事。 都立大卒 公認会計士・弁理士

07_kobayashi.png

CTO

小林健人

Vilmorin Mikadoにて、ブリーダーとして 勤務後、九大院にてゲノム編集研究に従事。 九大院卒 博士(農学) 

04_daimon.png

CLO

大門良仁

アステラス製薬において知財業務に従事し、米国赴任後はM&A及びアライアンスを担当。 知財支援に関して豊富な経験を有する。九大院卒 博士(法務) 弁理士

Beyond Next Ventures株式会社

東京大学協創プラットフォーム開発株式会社

公認会計士

東京大学教授

TomyK Ltd 代表

グレートジャーニー合同会社 代表

Spirete株式会社 取締役

Staff Interview

yajirushi.png
 
icon_02.png

AWARDS

nuv_logo.png
techplanter_nashi2020.png
logo-agsum.png
bnr_venture.png
スクリーンショット 2020-03-05 12.37.01.png
EY.gif
スクリーンショット 2020-03-05 12.37.15.png
Logo_J_startupcentral_png.png
reaveanest.png
jba.png

View Detail

yajirushi.png
icon_02.png

PARTNERS

NU.png
東大IPCロゴ_3.png
logo.png
BNV.png
shizuoka_capital.png
100063081.png
jpn_sj_slogan_comm-logomark_ja_type-b-1_basic_posi.jpg
siteHeader_logo_pc.png
スクリーンショット 2020-03-09 13.33.54.png